HOME > 新着情報

新着情報&Pick up

フランス、パリで浸透、日本の加工食品 その4 16/12/01
少し前ですが、日本のバラエティー番組で、フランスで日本の加工食品がどの程度、知られているか、またどれ...

【スタッフブログ】イギリス・スコットランドのクッキー 16/11/04
イギリス在住のコーディネーターさんから、スコットランドのクッキーをいただきました。今まで、フランスの...

【スタッフブログ】「Les copains d'abord 仲間を先に」 16/11/02
先日、パリからあるコーディネーターさんと、フランス人のご主人、ベルトランが来日、パーティーを行いまし...

【スタッフブログ】パリからの友人をおもてなし 16/11/01
先日、パリからあるコーディネーターさんと、フランス人のご主人、ベルトランが来日、パーティーを行いまし...

【スタッフブログ】パリから友人が来日 16/10/31
先日、パリからあるコーディネーターさんと、フランス人のご主人、ベルトランが来日、パーティーを行いまし...

新着情報

【スタッフブログ】「Les copains d'abord 仲間を先に」

ベルトラン2-main.jpg

 先日、パリからあるコーディネーターさんと、フランス人のご主人、ベルトランが来日、パーティーを開きました。会場は恵比寿のあるスタジオ。前回は3年前に開催したので、ベルトランに会うのも3年ぶりです。パーティーの最後に、彼のお気に入り、ジョルジュ・ブラッサンスのLes copains d'abordという歌を歌ってくれました。『仲間を先に』という意味の歌です。
 酔っぱらって気持ちよくなったベルトランが、みんなの前で大きな声で歌います。この歌で、パーティーは締めくくられます。

【Les copains d'abord 仲間を先に(パリジャン気質)
Georges Brassens  ジョルジュ・ブラッサンス】

いや、それは港々の奥で密かに思われているような
メディス号の筏のたぐいじゃなかった、この船は
アヒルの沼を
のんびり父さん風に航行する船
その名はレ・コパン・ダボールだった
レ・コパン・ダボール

「たゆたえど沈まず」の標語
それは空文句じゃなかった
呪う者たちには気に食わないだろうが
呪う者たちにはね
船長も水夫も
げす野郎じゃなく
信じあえる仲間だった
「仲間を先に」気質の

それはかわいいカストルとポリュクスのような
優れた仲でもないし
ソドムとゴモラもどきの
ソドムとゴモラもどきの腐ったやからでもなかった
モンテニューやラ・ボエシーの
お眼鏡にかなう仲間でもなかった
腹をポンと叩いたのさ
「仲間を先に」と

もちろん天使たちでもなかったし
福音書、そんなの読みやしないが
順風満帆に 愛し合った
順風満帆にね
ジャン(ヨハネ)とピエール(ペテロ)とポール(パウロ)と仲間たちにとって
それが彼等の唯一のお題目だった
「仲間を先に」への
彼らの信仰宣言、彼らの告解が

トラファルガー的危機がちょっとでも起こりゃ
当直に就いたのは友情だ
舵をとったのは友情だ
舵をとったのは
そして彼らが遭難した時
SOS信号を打った時には
「仲間を先に」が
船舶信号みたいだった

仲間うちが集まる時に
すっぽかす者はいなかった
その内のひとりが甲板に現れないときは
そいつは死んだってことだった
ああ、だが決して、絶対に
ヤツが海水に空けた穴はふさがらなかった
百年たっても、ドジ野郎
あいつがいなくて淋しいぜ

あまたの船に乗っては来たが
最後まで残る唯一の船だ
決して針路を変えることのない船
針路を変えることのない
アヒルの沼を
のんびり父さん風に航行する船
そしてその名はレ・コパン・ダボール
レ・コパン・ダボール

参考サイト http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【スタッフブログに関するお問い合わせ】
スタッフブログに関するお問い合わせや、フランス、パリ、ヨーロッパ各国(スペイン、ポルトガル、イタリア、スイス、ドイツ、イギリス、オランダ、ベルギー)でのテレビや雑誌撮影に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Update 2016/11/02

▲TOP